弊社の想い

トップ >  弊社の想い

はじめまして私は、小松市園町でセレモニースクエア大光を運営しております重吉葬儀社の重吉晃守と申します。

このホームページをご覧いただいているお客様は、ご家族が亡くなるということを前提に、お葬式の準備をすすめているのでしょう。
こんなことをしていいのかという罪悪感もあったでしょうが、罪悪感を感じるのはそれほどその人のことを想っていて、その人を失いたくないからだと思います。
その気持ちを大切にお葬式という「最後の恩返し」を考えることは決して間違いではありません。

弊社では、最後の恩返しのお葬式を「感謝の気持ちが溢れるあたたかいものに」と考えております。
亡くなられた方をおくるだけではなく、ご家族の方の「ありがとう」という感謝の気持ちが溢れるお葬式、そしてお集まりいただく皆様から「あったかいお葬式だったね」と言っていただけるようなお葬式にすることが私たちの想いです。

近年は、ご家族の都合ばかりが優先されお葬式の小規模化や軽視化も進み、お葬式はいらないという声まで出てきました。
亡き人をないがしろにせず「命は尊いもの、お葬式は尊いもの」ということを伝え続け、後世に「正しいお葬式を残していくこと」も長い間お客様から選ばれ続けた弊社の使命です。

最後に。私の父はまだ現役です。
親をおくったこともなければ、子をおくったこともない私にはどんな心境か計りしれませんが、少しでも支えになれるようにそして少しでも不安な気持ちを軽くできるようにと考えこのホームページを作成致しましたので、どうぞご覧下さい。
そしてお客様がお葬式を終えられた折には、「ありがとうが溢れた、あったかいお葬式やった」と感じてもらえるよう、お葬式が悲しみだけの式ではなく最高の幸せの催事になられますことをお祈りしております。