もしもの時の準備

トップ >  もしもの時の準備

もしもの時のために…大切な人を送るために今からできることがあります。

事前に確認しておきたいこと

●葬儀の形式
親族とご縁のある方だけで送る家族葬、世間並に送る一般葬、会社主催 の社葬や合同葬など。祭壇の形や葬儀の内容、本人・家族の希望などを 整理する。
●葬儀の規模
家族・親戚、会社関係、友人・知人、町内の人数の把握。
●おおまかな予算
当社にてお見積りさせていただきます。
●宗旨・宗派
宗教(仏教、キリスト教、無宗教など)や 宗派(真宗大谷派など)の確認。
お手次寺はあるか? お付き合いのあるお寺様などを確認する。

●法名の有無
生前のうちに法名を頂いているかどうか?
●もしもの時の連絡先
親戚、友人・知人、勤務先などの連絡先名簿があると便利です。
≫連絡先名簿リンク(印刷用PDFデータへ)
お手伝い方の心づもり
受付係等を誰に依頼するか考えておきましょう。
●安置場所
一般的にはご自宅の仏間が多いですが、安置場所がない場合、マンション等にお住まいの方、ご近所に知られたくないなどでお困りの方、一度ご相談 ください。大光に、安置場所がございます。病院~大光の直接移送も可能 です。葬儀の後で「お家に帰してあげればよかった…」と後悔のないように、事前にご家族・ご親族でご相談下さい。

安置場所

事前に準備しておきたいもの

写真

●写真
当社の方で遺影写真を作成します。
なるべくお顔が大きくはっきりと写っているものをご用意下さい。
(その人らしい写真であれば、白黒、横顔、帽子着用などでもOK!)
●本人様の数珠
使用している数珠をご用意下さい。
●ご安置する際のお布団
使用しているもので結構です。

印鑑

●印鑑(認印)
市役所への死亡届の際に必要です。※シャチハタ不可